大晦日に行くならどこの国?おすすめ海外旅行

このエントリーをはてなブックマークに追加

年末年始の長期休暇に合わせて海外旅行に行くという人もいるでしょう。
料金は少々高くなりますが、せっかく海外旅行に行くなら思い切り楽しんできたいものですよね。

大晦日に海外旅行に行くならどこの国がベストでしょうか。

大晦日に行くおすすめ海外旅行

ハワイ

年末年始のハワイへのツアーは毎年大変な人気で、早いうちから予約がいっぱいになっています。

今からでもキャンセル待ちをすれば今年の大晦日の出発に間に合わせることは出来るかもしれませんよ。

寒い冬を抜け出して、常夏のハワイで暖かい年越しを過ごしてみてはいかがでしょうか?
厳かに新年を迎える日本の大晦日と違って、ハワイの年越しはとても賑やかです。

大晦日の夜、22時ころからあちこちで爆竹の音が鳴り響き、0時には街中が白い煙と火薬の臭いに包まれます。

ワイキキビーチから打ち上げられる花火や豪華ディナークルーズも要チェックですよ。

シンガポール

日本からの直行便があり比較的行きやすいアジア圏の中でも、治安が良いことで人気が高いのがシンガポールです。

シンガポールの大晦日も大変賑やかで、あちらこちらで盛大なカウントダウンイベントが開催されています。

スノーショーや花火、ライブイベントなどエキサイティングなイベント盛りだくさんのシンガポールなら、日本では味わうことの出来ないような年越しを過ごすことが出来るはずですよ。

また、ショッピングスポットでは有名ブランド品のセールも開催されているので、ショッピングを楽しみたい、という人にもおすすめの国です。

台湾

日本の統治下にあったこともある台湾は、世界一日本人に友好的な国だと言われています。
海外に行くとなるとやはり気になるのは安全面ですから、その点台湾はおすすめ出来ます。

台湾は日本ほど年末年始をイベント化していないので、大晦日や元旦でもお店が通常通りオープンしているのが嬉しいところ。

とは言えかなりの規模のカウントダウン花火が毎年開催されているようなので、見ものです。

台湾は観光スポットもたくさんありますので、海外旅行先としては十分に楽しめる国です。

インドネシア

特に人気が高いのがインドネシアのバリ島。
美しい自然が世界中の観光客を魅了しています。

バリ島に暮らす大半の人はバリ・ヒンドゥー教のため、西暦の年末年始は単なる祝日として捉えています。

なのであまり盛大にカウントダウンが行われているわけではありませんが、ビーチのあちこちで花火が上がったり特別なディナーパーティーが開催されています。

最後に

こうして見ると年末年始を厳かに過ごす国は日本以外にあまりないようですね。

たまには日本から出て、海外特有のカウントダウンを楽しみたい、という人は思い切ってツアーを予約してみてはいかがでしょうか?
なかま
今年を締めくくる特別な日に、特別心に残る思い出が作れますように。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加