大晦日の除夜の鐘が来年を3倍良い年にしてくれる!

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎年除夜の鐘の音を聞きながら新年を迎えている人は多いでしょう。

大晦日の深夜0時をはさんで突かれる除夜の鐘には、どのような意味があるのでしょうか。

由来や意味を理解すれば、今年の除夜の鐘をさらにありがたい気持ちで聞くことが出来るかもしれません。

除夜の鐘について

由来

まず「除夜」とは大晦日の夜のことを言います。
その夜に寺院で突き鳴らされるのが除夜の鐘で、ご存知の通り108回鳴らされます。

なぜ108回なのかと言うと、仏教では人間には108つの煩悩があると考えられており、その煩悩を祓うために除夜の鐘が鳴らされるのです。

煩悩とは人の心を惑わせたり苦しませたりするもので、代表的なものには怒りや執着、欲望、猜疑などがあります。

本来は日頃から仏教の厳しい修行を積み重ねた者にだけ、煩悩を祓う力が身に付くと言われているのですが、大晦日の夜だけは、修行をしていない我々にも除夜の鐘を打ち鳴らすことで煩悩を祓うことが出来ます。

そういった理由で、除夜の鐘は大晦日の夜に打ち鳴らされることになっているのです。

何時から?

毎年よく紅白歌合戦を見終わったころから、気付けば除夜の鐘が鳴っていることに気付きますが、実は除夜の鐘を突き鳴らし始めるタイミングには決まりがあるのです。

正確には107回の鐘を年が越す前に突き、最後の1回は新年を迎えた深夜0時ちょうどに突くのだそうです。

つまり、108回目の鐘がちょうど深夜0時に突き鳴らせるように、寺院でも計算して突き始めているのです。

自分で突きたい場合

もちろん除夜の鐘が鳴っているのを自宅で聞いているだけでもご利益がありそうですが、自分で108回のうちの1回を突けば、さらに効果がありそうですよね。

ほとんどの寺院では無料で1回ずつ除夜の鐘を突くことが出来ます。

ただし大きく有名な寺院になると有料だったり、整理券が配られる場合もありますので、事前にチェックしておくことをおすすめします。

あまり時間ぎりぎりに行くと自分の順番まで回って来る前に108回突き終わってしまった、ということになり兼ねませんので、早めに出発してください。

突くときの作法

除夜の鐘を突くときにはきちんとした作法があるので知っておいてください。

突く前には必ず鐘の前で手を合わせて合掌しましょう。
災いや苦しみがなくなり、新年が素晴らしい年になるように心の中で祈りながら除夜の鐘を突いてください。

また、混雑している寺院では列を乱すことなく順番通り並び、マナー違反をすることのないように気を付けましょう。

最後に

つまり除夜の鐘は、今年1年の悪い出来事を祓ってくれる意味を持つ大切な風習です。

今年の大晦日に除夜の鐘の音が聞こえてきたら、今年1年を振り返り、後悔を悔い改めながら最後まで聞いてください。

そうすることで、清い心で新しい1年を迎えることが出来るはずです。

お役に立てましたか?
もしよろしければこの情報を友達とシェアしてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加